情報整理の正確さはラベリングと迅速な判断からネットワークを利用した拡散にある 最適化はセンシングが重要

①入水自殺・三宅雪子 「助けて! 追われてるんです」ある晩、文春記者にかかってきた電話①入水自殺・三宅雪子 「助けて! 追われてるんです」ある晩、文春記者にかかってきた電話あの“不死身”の女性がなぜ②フジテレビ全盛期の80年代に新卒入社した私の体験談〜お茶くみは1日3回、女性の仕事=三宅雪子有賀さつきさん一周忌「連絡役は八木亜希子さん、お墓参りをしたい」フジテレビ同期明かす④なぜトランプ大統領はイラン攻撃の手を緩めたのか⑤イランで墜落のウクライナ機、イラン人82人やカナダ人63人ら搭乗⑥墜落のウクライナ機、イランがミサイルで撃墜か CNNが映像入手⑦墜落機に多数のカナダ人 国交断絶イランと深いつながり⑧ソレイマニ将軍殺害の無人機、その実力と未来継続監視で移動中の標的も見逃さない、金正恩が最も恐れる兵器⑨イラン司令官殺害、トランプ氏と米国防総省に亀裂⑩「イラン有事のための自衛隊派遣」に反対する人たちは、丸腰で紛争地域を通る日本のタンカーを見捨てるのか⑪ゴーン追放で日産が払った大きな代償⑫滞仏日記「フランス人はゴーンさんをこう見ている」⑬ゴーン被告、国外渡航禁止に レバノン検察、事情聴取⑭堀江貴文氏が会見に持論「ぶっちゃけゴーン被告の圧勝だよね」⑮「食堂のランチは豚のエサか」日産幹部が目撃していたカルロス・ゴーンの「裏の顔」『日産vs.ゴーン 支配と暗闘の20年』が描いたレバノン逃亡の原点⑯イーロン・マスク、中国でぎこちない喜びの舞を披露⑰マスク氏の前例のない高額報酬パッケージ、実現の可能性高まる⑱アップルのティム・クックCEOの2019年の報酬は、同社の平均的な社員の200倍⑲パナソニックの金食い虫「自動車事業」売却の危機、“松下銀行”も今は昔⑳ソニーが語るスマホイメージセンサー、多眼化や大判化が進む先にあるものは?㉑欧州中央銀行(ECB)が欧州独自の決済システム構築を開始㉒「量子コンピューター」で世界はどう変わるのかStrangeworks CEOのW・ハーレー氏に聞く㉓Googleが発表した「説明可能なAI」で実現することGoogleは、ユーザーがもっと説明可能なAIモデルを開発してデプロイできるようにする新たな製品群「Explainable AI」を発表した。その中身とは㉔暗黒物質の存在を実証した女性天文学者、米国初の天文台名に決定㉕複雑な作業を自動化する、協働ロボット内蔵型の画像処理ソフトウェア㉖賃金は減り、リストラが加速…… ミドル社員を脅かす「同一労働同一賃金」の新時代㉗ いったん自活も 失職や離婚で「子ども部屋」に舞い戻る中年たち㉘新成人の4人に1人「車を所有しないことは合理的」 カーライフを送るのに必要だと思う手取りは平均23.6万円㉙世界で唯一、日本の子どものパソコン使用率が低下している㉚「日本はもはや先進国ではない?」たくさんの理由㉛人手不足による倒産 過去最多 経営者の後継や従業員確保できず㉜池上彰東京オリンピック後は、株価も地価も大暴落する!」㉝世界的投資家ジム・ロジャーズ「それでも日本株を買う理由」㉞「親が支払いしてるクソ野郎」 ドコモ代理店の書類に信じられないメモ書き 受け取った本人に話を聞いた㉟木下優樹菜をタピオカ騒動で休業に追い込んだ「道徳警察」の生態
休みの日はゲームをしながら攻略法を学ぶついでに、ゲームシステム、経済、金融、設計を調べるようにしている。こうやって1つの会社、1つの国家を調べるところをゲーム内容を調べることで遊びながら簡単にシステムに精通できる。そうやって学んだことをTVの情報番組を見ながら、最近のトレンド、周囲の声、何が売れ筋の意見であるかを探っている。書くことが無くならないのはアンテナの数が多いことと、こっちから仕掛けているからだ。待っていてもネタや情報は入らないが、仕込んでおいたら相手から何らかの動きがある。今回の情報の順番は80年代のお笑いバラエティの火付け役、ライブドア事件、実質的にネトウヨ化したサンケイ、現在の視聴率の低迷で有名な元フジテレビの女子アナで、しかも元衆議院議員だった三宅雪子の入水自殺から始めた。何故このようなニュースを先頭に持ってきたのかは、明確な理由がある。もうリベラルの時代は終わった。散々と持て囃されていたのは過去よりも、ここ最近ではないだろうか。あの人気TV司会者の中居正広も降板が増えて、この度結婚するらしい。リベラルを象徴するような嵐も空中分解しているし、そのまま解散する。飯島愛を擁護して可哀相を連発していた人間たちは、一体何を見てきたのだろうか。何でもデマ、何でも嘘、何でも証拠を見せろという人間は危険だ。疚しいところがあるからだ。要するにお金をもらって仕事を引き受けたら、その仕事を覆す事態に陥ったから反対しているのだ。80年代と言えばタモリの笑っていいともが大流行していたし、タレントの人権や報酬を巡ってトラブルが相次いでいた。タレント同士が結束して仲良しグループを作り出した時代でもあるし、出演の人数がどんどん増えていったし、高齢化で報酬が上がったことでCM料金も跳ね上がった。これが視聴者や知識人の怒りを買った。80年代は誰も気づかなかったがバブル崩壊円高、日本の構造協議、ウルグアイ・ラウンドと日米貿易戦争の真っ只中にあった。この時に女子アナで活躍をしていた三宅雪子有賀さつき八木亜希子河野景子は色んな不幸に見舞われている。入水自殺した理由が誰かに殺されるという被害妄想だったが、これは身に覚えがあるからだろう。自分たちが良いことだと持ってやってきた活動が、実は日本国民を苦しめてきたこと、そしてフジサンケイグループネトウヨ化してしまったことに反発しても無意味であると気づいたのだろう。友達、仕事仲間は選ばないと、後でそうじゃなかったとなる。あとから気づいてもお金を貰っているから、誰も何も出来ない。次々とこの世を去っていくリベラルたちは、この前まで意気軒昂としてこの世の春を歌っていた。イランが発射したミサイルがウクライナ機に命中して、多くのカナダ人やイラン人が死亡した。カナダの大学関係者が多かったらしい。去年はエジプトでもイスラム過激派が民衆に殺される事件があったが、アラブ地域ではいつも過激派や強硬派の意見しか聞こえて来ない。レバノンもゴーンのお陰で恥ずかしい思いをしているが、彼らだって過去の話を信奉して身を滅ぼしたくはないはずだ。過激な行動を取る人たちも、そしてアンチな人たちも、共に民主主義によって消されていくだろう。民主主義、共産主義、王政復古の声、議会政治、選挙は長所と短所があるが、誰もが納得する最適ラインを選ぶと跳ねっ返りがバカを見るように世の中はなっている。ニュースでやっているようにイランは無人の米軍基地を攻撃して、アメリカ兵を殺害したと嘘を言ってまで血気盛んな連中を抑えようとしている。トランプ大統領国防総省、または戦争屋の反対を押し切ってまでも世界の警察を降りる準備をするとともに、戦争を根絶するために身を引く構えでいる。文化財を攻撃されるのは人命よりも重要な位置づけになっているが、結果的に戦争は起こらなかった。文化と人命を引き換えには出来ないのだ。文化は数え切れない人命の成果だが、戦争で死ぬ死者は遥かに少ない。アラブ地域もイランをここまで追い込むやり方に焦っているようだが、これではスンニ派シーア派の戦いも消し飛ぶ可能性もある。中東地域の平和を考えた場合に何が優先されるだろうか。もちろん米軍の撤退が重要だが、撤退した後に無秩序になっても困る。そこで考えられたのが不穏分子だけを暗殺する方法だ。銀行強盗がテーマの「狼の午後」という映画では2人の犯人のうちアル・パチーノだけを助けると約束して、もう1人の犯人を射殺した。2人を射殺している時間がないことと、アル・パチーノは助けてやっても良いと判断したからだ。イランのソレイマニ司令官だけが死亡したら他のイラン人は死ななくても良いし、今後何が起きるかわからないからだ。分からないというのは、成功するかも知れないからだ。死ぬことで失われる命は勿体ないが、死を煽る言動をする人物は英雄のまま死なせた方が良い。こういった背景を読まずにアンチな活動をしていると、もっと大勢の人間が殺されることを防ぐ必要が出てくる。左翼リベラルの主張は1人の命は地球よりも重いそうだから、これでは悪人の言ったもの勝ちになってしまう。民主主義は何でも自由ではないことを学校で教えないといけないし、学校や家庭で窮屈になる教育をしてはいけない。カルロス・ゴーンの逃亡劇だが、彼は日本の産業を破壊に来たスパイなのか。確かにリストラは進んだし、TOYOTAからしたら大喜びだろう。TOYOTAが日本の自動車産業で勝ち残ったのは、NISSANの自滅に過ぎない。この会社はゴーンが来る前から密告が横行していたし、上からの命令は絶対という共産主義の悪い面だけが蔓延っていた。特権階級の地位に居ないと給料が安いし、閑職に追い込まれる。そのゴーンが悠々自適で生活しているということは、日本政府も含めた各国政府の思惑だろう。厚顔無恥の恥晒しな人間だが、これで日本の産業界も変わっていくだろう。ところで中国市場に食い込んだTeslaのイーロン・マスクが踊っているが、彼は超大富豪なのにまた儲かったようだ。これではTOYOTAの出番はまだないし、焦っても売れないだろう。ここまで書いたら分かる通りだが、プーチンが頭角を現してから時代が変わった。プーチン習近平の後ろ盾になっていること、そして韓国とイスラエルを結びつけていること、GAFAMicrosoftにビッグビジネスを仕掛けているのだ。孫正義もその辺で日本の政治経済に口出しをしているのだろう。タイトルを並べてみると分かるが、ジム・ロジャースが日本に投資をするという。18年にすべて売ったのにだ。ある識者は日本経済は安売りをしていて恥ずかしくないのか、外国人に買われる立場ではないかと憤っている。その傍らで日本の市場が安くなって、外国人が行き来することを喜んでいるグループもいるのだ。国境を強化するとともに、その国境で不穏分子をキャッチできたら、反対派の主張はかき消されるはずだ。そのためにも量子コンピュータは環境破壊防止、人口抑制と調整、犯罪やテロからの未然の防止、政治経済と金融システムの発展をコンピュータで制御する必要がある。結果的に量子アニーリングが選択されているし、AIと画像処理は半導体の能力で予測能力を高めていくだろう。プロセッサのコアを多くする技術が複数の仕事を効率的にするなら、複眼のカメラは正確にモノを見れる。その見た情報を繋ぎ合わせて状況を分析できるし、今何が起きているのかを説明ができるだろう。ラベリングと分類を最大限に利用することで、人間が撮影したいものは限られているし、分類をしていたら知覚をする必要はない。複眼カメラとCMOSイメージセンサーを利用して、センシング技術から量子コンピュータは社会予測をする。計算を頼りにしても社会、人間の行動、言動を計算するのは難しいし、不可解な数値になるはずだ。見たものを記録して予測をする方が、コンピュータは計算が行いやすいはずだ。多い、高い、広いなどのキーワードや数値が正しいとは限らない世界を量子コンピュータは測定できるだろう。究極的に2つに1つを選ぶとなった場合、どちらを選ぶだろうか。大きな物を選んで小さいものを捨てるはずだ。そのどちらでもない方を選択できるのが量子コンピュータの原理であるから、コンピュータはハードで考えるよりもソフトを利用して柔軟な発想をするべきだ。日本経済の様相は日に日にやっと来たかと思う人と、とうとう来たかと腹を括っている人たちで別れている。Panasonicがこのタイミングで最高のおもてなしをすることで、日本経済に激震が走るはずだ。サトシが予測した通りに日本の産業界は、もうダメだった。何もしていない子供みたいな大人が会社で高い報酬をもらっているから、自動車業界に進出しても赤字だったPanasonic。転職市場を嫌ってきたから晩年になって困るし、誰も助けてくれない。子どもたちはパソコンを使えないらしいが、それも大人たちが悪い。パソコンは無くなると予測していたのが、あの税金でできたインフラを利用して高い給与をもらっているNTTだからだ。自動処理マシンも複雑な処理ができるようになって、工場、販売、事務、営業、管理職まで熟せるだろう。働き方改革、同一賃金同一労働で賃金が下がると考えている識者がいるが、そうではない。もし賃金が下がったら、経営者の判断が間違っていることに気づくべきだ。経済学を知らない、金融システムを理解しない経営者は社長の椅子から降りるべきだ。タレントのユッキーナを芸能界から叩き出してしまったネットユーザーに対して、Twitter社がいいね!を厳選できる機能を考えているらしい。炎上が身を滅ぼすからだ。何も言わなかったらいいのだが、何かを言うと身を滅ぼすのは的を射ていないからだ。自動車を所有しない貧乏な若者が増えたが、それを利用してMaaSを考えるべきだ。スマホと自動車は同じ概念で生産から販売、マーケティングをしていくことで共通のビジネスに繋がっていくだろう。欧州中央銀行がVISAやMasterに対抗して、中国の金融システムを見習うそうだ。要するにアメリカ一辺倒のクレジットカード支払いは、FinTechの面で個人情報のビジネス化に遅れを取っていると判断したのだろう。今からでも遅くないから、単純に反対をするのは得策ではないと考えたようだ。http://bit.ly/304PFHR